ビジネス速報

明日に繋がる、ビジネスに関するスレッドのまとめ

    明日に繋がるビジネスに関するスレッドのまとめ

    2018年12月

    hacker_cracker1_smile
    1: ムヒタ ★ 2018/07/09(月) 09:34:58.76 ID:CAP_USER
     コンピュータエンタテインメント協会(CESA)が世界保健機関(WHO)が認定したゲーム依存症に対する対策の検討を始めたことが6日、分かった。CESAの会員でない任天堂なども参加し、専用の作業チームを立ち上げた。今後は、ゲーム依存症の実態を把握し、業界としての対応策をまとめる。

     ゲームへの依存をめぐっては、WHOが6月、ゲーム障害を依存症の一つとして「国際疾病分類」の最新版に加えた。ゲームをしたい衝動が抑えられなくなり、日常生活よりゲームを優先し、健康を損なうなど問題が起きても続けてしまう特徴があると定義している。

     ただ、国際疾病分類は統計調査の項目として使われるもので、実際の患者数が増加しているかどうかなどの実態は今後の統計調査を待たなければならない。ゲームと依存との明確な因果関係などが解明されているわけではなく、有効な治療方法を含め、病気として確立しているわけではないのが現状だ。

     CESAは「WHOに医学的な問題と認定された以上、対策は必要。特に未成年への対応は重要だ」とし、実態把握とゲーム業界としての対応を先行させる考えだ。
    2018年07月09日 07時12分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/09/news053.html

    【【企業】ゲーム依存対策の検討開始 CESAが作業チーム立ち上げ 】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/31(月) 21:13:57.883 ID:2eO9L0mLM
    全然分からないんだが

    【英語の長文読解ってどうやったら上達するんだ? 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/30(日) 16:47:51.68 ID:CAP_USER
    われわれは今、過渡期を生きている。1980年代のはじめ頃には、デスクトップコンピュータの時代に入り、ドットコムの崩壊でクライマックスを迎えた。それは2000年問題に対応するためのコンサルティング料と、ハードウェアへの支出、さらにはPets.comなどの理不尽な繁栄に支えられた財政バブルだったのだ。その直近の過渡期は、コンピュータがより小さく、より奇抜に、より薄く、そしてずっと強力になった時期だった。それは、長い退屈な時期を経て、われわれをモバイル時代へと導いた。それが今も続いている。次の10年間で革新を起こしたいのなら、以前のデスクトップPCがそうだったように、もはや携帯電話は行き止まりだということを認めるべき時が来ている。

    われわれは、10年ごとに何かを創造しては、その後それを磨き続けることを繰り返している。その進歩の速度は増加しているものの、それは革新ではない。たとえば2007年のiPhoneと、現在のPixel 3との違いは信じられないほどだ。しかし、Pixelにできて、オリジナルのiPhoneやAndroid携帯にできないことが何かあるだろうか? あったとしても多くはない。

    われわれは、現在の技術が可能にするユースケースに縛られている。1903年には、自転車は自転車であり、飛ぶことはできなかった。しかし、ライト兄弟や、その他の人々が、前進する機械的な動きから揚力を得ることに成功すると、われわれは離陸することができるようになった。2019年には、携帯は携帯であり、われわれと真にやりとりすることはできない。人間の体とは独立した部品に過ぎないからだ。そうした制限の先を見据える人が出てくれば、われわれは飛べるようになるかもしれない。

    モバイル技術の未来を断定するつもりはないが、携帯電話を捨てて、この世界を見つめ直さない限り、注目に値するようなことは何もできないだろう、ということだけは言っておく。確かにきれいな写真が撮れるようになり、FaceTimeでやりとりできるようにはなった。しかし、そうした技術の限界に気付かなければ、それらの外の世界は見えてこないのだ。

    もうすぐ新しい年(そして新しいCES)がやってくる。そしてまた、より多くの同じようなものがやってくる。画面-手-目の連携にとどまって、実質的に携帯電話を顔に押し当てるだけようなVRデバイスや、ほとんどテレビのようにしか見えない大画面のパソコンを作るのは、安全であり安心だ。しかし、その次に何があるのだろうか? そうしたデバイスはどこに行こうとしているのか? どのように変わるのか? ユーザーインターフェイスは、どのように凝縮され、形を変えるのか? そろそろ真剣に考えなければ、やがて身動きが取れなくなってしまうだろう。

    たぶん、あなたはもう考えている。でも、急がなければならない。これまでもそうだったように、この時代も急激にガラッと変わるかもしれない。そうなれば、よく見積もっても得られるチャンスは限られる。なぜVRは軌道に乗らないのか? なぜなら、それはまだ辺境のものであり、モバイル思考に囚われた人たちによって探索されている段階だからだ。機械学習やAIの普及も、なぜこんなに遅いのか? それは、そのユースケースが、チャットボットと、より良い顧客応対に狙いを定めているからだ。われわれが、携帯電話の黒い鏡(この意味は分かるだろう)の向こう側に注目し始めなければ、イノベーションは失敗する。

    起動するすべてのアプリ、スクロールするすべての写真、すべてのタップ、ダサいFacebookのちょっとした改良に期待して祈ることは、みんな予想を上回るより良い未来の到来に抵抗する砦を築くためのレンガなのだ。だから、来年こそは携帯から手を離して、何かを創ろうではないか。手遅れになる前に。
    https://jp.techcrunch.com/2018/12/30/2018-12-28-put-down-your-phone-if-you-want-to-innovate/

    【【IT】イノベーションのためには携帯を捨てろ 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/31(月) 18:44:35.69 ID:CAP_USER
    日本経済新聞はオランダ学術情報大手エルゼビアと共同で、各国の研究開発力を探るため、世界の研究者が最も注目する先端技術の研究テーマ別ランキングをまとめた。次世代の電気自動車(EV)やロボットなど新産業の要となる電池や新材料などが目立ち、論文数を国別でみると上位30テーマのうち中国が23でトップ。米国の首位は7つにとどまり、ハイテク摩擦の様相を呈する米中の新たな火種になりそうだ。

    調査は2013~1…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39587340Q8A231C1MM8000/

    【【国際】先端技術研究、中国が8割で首位 ハイテク覇権に米警戒 】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/11/06(火) 14:18:24.76 ID:CAP_USER
    人材サービス大手の英ヘイズは6日、人材の需要と供給動向に関する2018年版の調査結果を発表した。高度なスキルを有する人材の充足度を示す項目で、日本は調査対象の主要33カ国・地域中、最下位となった。技術の進化が速まる中、働き手のスキルアップが他国に比べて遅いのが原因とみている。

    https://www.nikkei.com/content/pic/20181106/96958A9F889DE1E5E6E2EAE4EBE2E2E4E3E3E0E2E3EA839FEAE2E2E2-DSXMZO3740686006112018000001-PB1-3.jpg
    特に人材が不足しているのは、人工知能(AI)技術者やデータ分析官などIT(情報技術)の高スキル人材。「スキルを上げて高い賃金で転職するのが一般的な他国と異なり、終身雇用の根付く日本ではスキルアップへの意欲が低い」(日本法人マネージング・ディレクターのマーク・ブラジ氏)

    同社がアジアの転職希望者3544人を対象に17年に行った調査では、仕事以外でスキルアップに月6時間以上を費やすと答えた割合が、中国の54%に対し日本は19%にとどまった。「求職者はいるが企業のニーズに合っていない。高等教育が実務でなく教養に偏っていることも影響している」(同)とみている。

    今回の調査は経済協力開発機構(OECD)など公的機関や各国政府などの統計を基に、高スキル人材不足のほか賃金上昇圧力など計7項目を10点満点で集計。数字が高いほど企業が人材を採用しにくいことを示す。英調査会社オックスフォード・エコノミクスと共同で2012年から実施している。

    日本は人材不足が最悪値の10点となり、昨年のワースト3位から順位を落とした。ほかにITなど専門性の高い業界の賃金上昇が0.2点で低さが際だった以外は、他国並みのスコアが多かった。

    2018/11/6 12:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37408690W8A101C1QM8000/

    【【人材】高スキル人材、日本が最も不足 スキルアップで遅れ 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/31(月) 18:45:30.87 ID:CAP_USER
    いまや家に居ながら世界中からほしいものを取り寄せられ、職場や家庭では人工知能(AI)が活躍する。だが旧態依然とした手続きや仕事のための仕事はまだ多い。平成から新しい元号を迎える今年、思い切ってこんな「お役所仕事」を見直してはいかがだろう。

    役所への届け出や住宅の購入などの際には、押印が当たり前のように求められる。

    夫婦共同で土地を購入したAさん夫妻。妻は不動産の取得やローンを組む際に幾度となく署…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39460290X21C18A2SHA000/

    【【印鑑】そのハンコ、必要ですか? 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/30(日) 16:51:20.46 ID:CAP_USER
    平均年齢35.9歳、平均年間給与2088万円。大阪に本社を置くキーエンスの有価証券報告書(2018年3月期)にはほかの企業ではめったに見られない高収入が記されている。東洋経済オンラインの各種年収ランキングでもつねに上位に位置し、製造業では断トツの高収入だ。

    高収入は激務の裏返しではないか――。インターネット上などではブラック企業とのうわさも流れる。同社評の1つが、「20代で1000万円超え、30代で家が建ち、40代で墓が建つ」。平均勤続年数が12.2年とそれほど長くないことから、稼ぐだけ稼いで独立するというイメージもある。

    こうした見方に対し、キーエンスの経営情報室長の木村圭一取締役は「厳しい働き方を求めているわけではないし、若手の裁量度がとても高い会社だ」と語る。高収入は会社の成長と高収益を社員に還元している結果だという。

    営業利益率は脅威の50%超え
    経済産業省の企業活動基本調査によれば製造業の売上高営業利益率は4.7%(2016年度実績)である。それに対し、キーエンスの2018年3月期決算は売上高5268億円、営業利益2928億円と営業利益率にして約55%という驚異的な水準をたたき出した。成長も継続中。2008年3月期決算は売上高2006億円、営業利益1023億円だったので、10年で3倍弱の成長を遂げたことになる。

    同社が手掛けるのは、FA(ファクトリーオートメーション)にかかわるセンサーや画像処理システムである。FAとは工場の生産工程を自動化するために導入するシステムのことだ。生産ラインにおいて正確な製造作業や不良品の排除を行うために、物の位置を精密に測定するセンサーや画像処理技術はFAにとって重要となる。

    国内の労働人口減少や新興国の人件費高騰などによって省人化が求められ、FAを必要とする企業は年々増している。同社の業績が近年目立って好調なのは、良好な外部環境によるところが大きいことは確かだ。

    売上高のうち5割強が海外。その内訳は詳細には開示されていないが、「アジア向けが約4割、北中南米向けが約3割、欧州向けが2割」(関係者)という。国内、海外を問わず、各地域で満遍なく売り上げが立っており、販売地域が分散されていることが同社の安定感につながっている。
    https://toyokeizai.net/articles/-/257794

    【【企業】年収2000万円!謎めいた「キーエンス」の実態 】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/30(日) 07:00:54.519 ID:FIWtHRuw0
    no title

    no title

    no title

    https://i.imgur.com/VTvsL1Z.jp
    no title

    no title

    東京・田園調布で1568平米で50億の大豪邸が最近完成しました!
    家主はフォーブスの長者番付にも載る日本の某超有名企業創業者で
    田園調布にもう一軒1300平米の豪邸も所有しているので
    子供にプレゼントするために建てたのかもしれません

    【【格差】田園調布に50億円の大豪邸が完成した件!!凄すぎるんゴ.... 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/29(土) 17:20:39.50 ID:CAP_USER
    宝くじの売り上げが年々落ち込み、東北6県や仙台市の歳入を直撃している。宝くじは販売実績に応じ、販売元の都道府県と政令市に収益金が入る仕組み。全国的な宝くじ離れから東北でも収益金が減少し、5年間で約50億円も減った。文化振興や道路補修に活用できる「貴重な財源」(仙台市)であり、各自治体は宝くじ購入を呼び掛ける。 

    2012~17年度の6県と仙台市の収益金はグラフの通り。東日本大震災直後の11年度は収益の全額を復興支援に充てる震災復興宝くじが発売され、被災自治体で収益金が大幅に伸びたが、最近は下降傾向にある。 

     宝くじは若年層を中心に売上額が低迷し、高齢者も離れつつあるという。12年度より2割減った仙台市の担当者は「かつて主力の購買層だった団塊の世代が高齢となり、買わなくなった」と分析する。 

     人口減少も影響している。秋田県財政課は「1人当たりの購入額が変わらなくても人口が減っており、販売総額は当然少なくなる」と受け止める。 

     宝くじは全国の都道府県と20政令市が総務大臣の許可を受けて発売する。売り上げから当せん金の支払いと経費を除いた約4割が自治体の収益金で、貴重な自主財源となる。まちづくりや子育て支援などに幅広く使われる。 

     福島県は宝くじの購入額が多く、収益金は東北で最多となっている。担当者は「若い世代の購入が少ない。防災対策や災害支援に役立っていることを説明して購入を促したい」と話す。 

     10月には宝くじのインターネット販売が拡充され、年末ジャンボ宝くじなど大半がネット購入できるようになった。青森県財政課は「若い人たちが関心を持ち、買うきっかけになってほしい」と期待する。 

     総務省によると、宝くじの売上額は05年度の1兆1047億円をピークに減少。17年度は前年度比6.9%減の7866億円で、1997年度以来20年ぶりに8000億円を下回った。05年度に4398億円だった収益金は、17年度は2996億円に落ち込んだ。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000003-khks-bus_all
    【<宝くじ>5年で50億円減 若年層を中心に売り上げ低迷 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/12/28(金) 11:34:59.22 ID:m7h0Y1On0 BE:422186189-PLT(12015)
    スルガ銀行は27日、ファミリー企業への不適切融資を含む旧経営陣の責任追及に乗り出すことで創業家との
    決別姿勢を鮮明にした。創業家の影響力を排除しなければ経営再建に向け支援を求める提携先探しがおぼつか
    ないとの危機感が背景にありそうだ。提携先の候補として既に複数の地方銀行がささやかれており、経営上の
    リスクを見極めながら支援する動きも出てきそうだ。

    「創業家のいない新しいスルガ銀を作り直す出発地点だ。(他行への支援要請も)当社の企業価値にとって有益であれば検討する」

    有国三知男社長は27日の記者会見でこう述べ、創業家の影響力排除に改めて強い意欲を示した。

    スルガ銀は平成30年9月中間期は1千億円超の最終赤字を計上したが、過去の融資による金利収入が収益を
    下支えし本業のもうけを示す実質業務純益は前年同期比9・1%減の301億円に踏みとどまっている。

    高収益を支えた投資用不動産向け融資は業務停止の行政処分中だが、今後も個人向け融資を収益の柱に据える。
    一連の不祥事で顧客が集まるのか疑問視する声もあるが、外部支援を受ければ信用を補完し再出発を図れる可能性が高まる。

    だ、障害になるのが約13%の株式を保有する創業家やファミリー企業の存在だ。
    ある地銀大手幹部はスルガ銀支援に「潜在的な関心を持つところは多い」と指摘しつつ、
    「支援後に旧経営陣から口出しされたら困る。創業家との関係清算が絶対条件」と指摘する。

    提携先候補には横浜銀行を傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループや、同じ静岡県が地盤の
    静岡銀行などの名前が取り沙汰される。スルガ銀はこうした地銀大手と正面衝突しないよう、
    単身者用住宅ローンなど他行が関心を持たない個人向け融資に注力した経緯があり、提携先にとっても
    特異なノウハウが強みになる可能性もある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000579-san-bus_all

    【ある銀行が「スルガ銀行」の救済条件に名乗り、ただし旧経営陣の抹殺が条件 】の続きを読む

    このページのトップヘ