1: しじみ ★ 2019/01/08(火) 15:11:52.32 ID:rVGpJO0l
2018年、中国は初めて、地球周回軌道に最も多くのロケットを到達させた国となった。米国とロシアの宇宙開発計画が不安定な予算に苦闘する一方で、中国では民間スタートアップ企業や国有企業があらゆる面で取り組みを拡大しており、衛星コンステレーションをはじめ、世界最大の宇宙望遠鏡や重量物打ち上げロケット、さらには、自前の宇宙ステーションの構築すら計画している。

2018年10月のある日の夕方、ゴビ砂漠の人里離れた場所に設置された発射台から宇宙へ向けて「未来号」が打ち上げられた。

未来号は中国国営テレビ局である中国中央テレビ(CCTV)の科学番組向け小型放送衛星だ。未来号が打ち上げられた酒泉衛星発射センターの発射台は、1970年に中国初の人工衛星が打ち上げられた場所だ。未来号の性能は、その中国初の人工衛星をほんの少し上回る程度だが、それでも、今回の未来号の打ち上げは歴史に名を残すものになるはずだった。成功すれば軌道に到達した中国初の民間ロケットになるはずだったからだ。

未来号を軌道まで運搬するはずだった「朱雀1号(ZQ-1)」は3段式ロケットである。1段目の燃焼はうまくいき、2段目も問題なかった。しかし数分後、3段目に異常が発生し、未来号は消失した。

宇宙飛行は難しく、新型ロケットの失敗はよくあることだ。米国のスペースX(SpaceX)は最初の3回の打ち上げに失敗している。スペースXの創業者兼CEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスクは、資金が底をつく直前の4回目の打ち上げでようやく成功したと語っている。スペースXは米国の航空宇宙産業の様相を変えた。数十年の間、古参の大手数社が牛耳ってきた業界で、スペースXは新世代企業の筆頭だ。打ち上げコストを大幅に削減し、有人宇宙旅行と衛星打ち上げの市場に大変革をもたらそうと模索している。

その変革の波は中国にも押し寄せている。変革に取り組んでいるのは朱雀1号の開発企業であるランドスペース(Landspace、北京藍箭空間科技:藍箭航天)だけではない。2018年12月時点で、ワンスペース(OneSpace、零壹空間航天科技:零壹空間)も2018年末の衛星の軌道投入を計画しており、三番手となるiスペース(iSpace、星際栄耀)は2019年の実現を目指している。

どの企業がロケット打ち上げ競争に勝っても、明らかなことが2つある。1つは、宇宙産業へ参入する民間スタートアップ企業が中国の宇宙産業に変化をもたらしているということである。そしてもう1つは、中国は民間スタートアップ企業の助けがなくても、宇宙で米国に匹敵する権力を握る態勢が整っているということだ。

米国とロシアの宇宙開発計画が不安定な予算に苦闘する一方で、中国はあらゆる面で取り組みを拡大している。通信・偵察衛星、ライバル米国のGPSに対抗する航法・位置測定衛星コンステレーション(一群)、有人宇宙飛行計画、意欲的な宇宙科学ロボット探査計画といったことのすべてが、最先端の機能を装備したさまざまな新型ロケットによって可能になる。

2018年、中国は初めて、地球周回軌道にもっとも多くのロケットを到達させた国になりそうだ。12月半ばの時点での打ち上げ成功回数は、米国が30回であるのに対し、中国が35回となっている。

四川省の西昌衛星発射センター(酒泉衛星発射センターから約1600キロ南東)での12月7日の打ち上げでは、ロボット探査機の嫦娥4号(じょうが:Chang’e-4)が宇宙に送り出された。1月に月の裏側で着陸を試みる予定であり、成功すれば、月の裏側に着陸した初の宇宙探査機となる(日本版注:嫦娥4号は北京時間1月3日午前10時26分に月の裏側への着陸を成功させた)。中国の宇宙計画の時代の到来だ。

国別に見た2000年〜2018年の地球周回軌道への打ち上げ回数

中国の宇宙プログラムは増加の一途を辿っている。2018年末時点で、中国による軌道投入を目的とした打ち上げの成功回数は40回近くになりそうだ。2017年のどの国の打ち上げ回数よりも多い。

続きはソースで

no title


https://www.technologyreview.jp/s/119390/china-launched-more-rockets-into-orbit-in-2018-than-any-other-country/

2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 15:13:05.66 ID:gK1R0+jc
ジャップはもう手遅れ

11: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 15:31:54.70 ID:uWEKPp3r
>>2

部品が発射時にポロポロ落ちているよ

 

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 15:14:02.81 ID:l7vgVRH1
失敗したのは公表してないだけでしょ?

6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 15:18:06.29 ID:oU/YXu2j
>>3
今時打ち上げ失敗を隠しとおせるわけないじゃん
アメリカが突発事態に備えてミサイルの打ち上げを24時間監視してるよ

21: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 16:47:43.24 ID:0xA+MQGk
>>20
>>6も書いてるけどアメリカの早期警戒網に探知されるのでロケット打上を秘密にするのは難しい

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 15:16:21.02 ID:oU/YXu2j
成功だろうが失敗だろうがガンガン打ち上げられるのは羨ましいわ
数をこなさないと経験値貯まらんからな
日本は失敗が許されない体質だからチャレンジができない

59: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 22:13:36.47 ID:BN4uyGdF
>>4
成功も失敗もその打ち上げるロケットのコストは誰が支払うんだ?
大量に資金をつぎ込めるほど日本は裕福じゃないし
失敗が多いとどこの国からも信頼されなくなる
体質うんぬんの問題じゃない

13: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 15:36:03.65 ID:1fTxiuTx
ロシアは高緯度の発射基地しか持っていないのにすごいね。

23: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 17:03:46.88 ID:EbkE0Rpm
中国人ならそのうち月に住めるかもしれんな

25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 17:19:14.27 ID:WuRp0N3O
どんどん予算を使えばいい。アメリカでさえ金を食い過ぎるので止めたのに、
そんなに金があるなら、宇宙、空母建造、一帯一路、高速鉄道、アフリカへの投資どんどんやればいい。
ソ連も宇宙と軍事は突出していたが民生はさっぱりだった、崩壊した後のロシアでも同じだが。
中国がどうなるか、まあみんな思ってても言わないが。

33: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 18:30:27.44 ID:VpLlNr/I
中国人が月を歩くのはもうすぐだろうね

46: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 20:31:30.31 ID:Fc8GCHAJ
見栄や保身のためなら平気でうそをつく連中だからなあ…
身近でクソどもの被害被ってるアジア圏の連中は騙せんじゃろ

47: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 20:32:34.19 ID:k1AQaw26
テクノロジー犯罪
思考盗聴
を取り締まらないのは何故?

50: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 20:41:00.84 ID:P5NIKSxx
月の裏に設備を整えるだけの時間と労力、コスト
裏側から地球までに掛かる時間

到底軍事用には向かない
そんな金かけるなら中国領土内からか
あるいは潜水艦から攻撃した方が早いし安い

52: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 20:55:47.47 ID:Y4CpNTyP
人の命が安いし情報統制出来るしカネは政府独断でつぎ込めるし
まあやりやすいわな

60: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 22:57:49.25 ID:Zdp57IyZ
中国はロケット打ち上げ失敗で村一つ消えるような事件も起こしてきてるよな。

61: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/08(火) 23:22:34.91 ID:kYe437XA
宇宙ゴミを日本が拾ってるんだって。

70: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/09(水) 08:44:34.11 ID:fSmT0tfS
べつにアメリカがはいわないし国際強調は否定せんけど
普通に科学交流はしてるだろうしそれはいいけど

企業秘密を売ったりになったから問題やったんだけどね
まあ線引ききちんとしなさいなと本当に思うわ
欧州や中国のほうが官僚としてはすぐれとるがなと

掲載スレ:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1546927912/